忍者ブログ
Admin§Write

めろんの為のmelonpie

妊娠初めてのママへ。妊娠 出産 育児までの お役立ち お得な情報を発信。  趣味のハンドメド(子供服)の事も紹介しています。

HOME ≫ Entry no.5 「入院費・分娩費」 ≫ [11] [10] [9] [7] [6] [5] [4] [3] [2] [1]

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


入院費・分娩費

入院費、分娩費は産院の種類や設備、休日か平日、時間帯によっても料金が異なってきます。

一般的には30万円~50万円位かかっている場合が多いようです。
ただ誰でも出産育児一時金で30万円が受け取れるので多少高くても満足度の高い病院を選ぶ人も増えてきているようです。

また帝王切開や切迫流産など病的な症状の場合は保険が使えますので、また値段が変わってきます。いくら位かかるのか個々の病院に確認しておくと良いでしょう。

 産院別種類
個人産院・個人病院
個人産院はとくに費用に開きがあり、施設やサービス内容も色々です。
きめこまやかな対応が受けれる所が多く、中には、ホテル並みの設備やレストラン並みの食事を用意しているところもあります。
費用 30万~80万位

総合病院
産科以外の診療科目もそろい高水準の医療が受けることができます。
短所としては患者数が多い為、待ち時間が長く診療時間は短いです。ただ持病を持っていたり高齢出産等のリスクが高い時も安心です。
費用 30万~40万位

大学病院
総合病院と同じで産科以外の診療科目がそろい、待ち時間が長く、診察時間が短いです。
ただ、最新の医療を受ける事ができリスクの高いママや赤ちゃんでも安心です。ただ、診察や分娩に医学生や看護学生が携わる事があります。
費用 25万~50万位

助産院
家庭的な雰囲気ですが医師がいないので医療行為が出来ません。
妊娠経過が順調なのが条件なのでリスクが高い場合は受け入れてもらえません。
トラブルが起きた時は提携先の病院に連絡を取ります。
費用 25万~35万位


 出産の種類

無痛分娩
麻酔で陣痛の痛みを除いた方法です。
麻酔には全身麻酔と局部麻酔がありますが、自分でいきんで出産でき、産声を聞けることからも局部麻酔が一般的です。
費用は病院にもよって違いますが、実施している病院も限られていますので事前に調べたほうが良いです。

LDR
陣痛(L)分娩(D)回復期(R)を1つの部屋で過ごせるのがLRDと言います。
産前の分娩室への移動や産後の入院部屋への移動の必要がありません。
費用は通常の部屋より高くなり、これも病院にLDR室があるか確認が必要です。

立会い出産
パパが出産に立ち会う出産方法です。
最近はその場で希望しても許可してくれる病院が増えてきています。


 健診費
定期的に行う健診の費用です。


入院費・分娩費
出産費用や産後の入院費用です。


行事費・その他
医療費以外の費用です。



PR

●Thanks Comments

●この記事にコメントする

お名前
タイトル
文字色
E-mail
URL
コメント
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード ※投稿者編集用
秘密? ※チェックすると管理人にしか見えません

●この記事へのトラックバック

TrackbackURL:

ブログ内検索

出産予定日

出産予定日を調べてみよう!
最終月経開始日

出産予定日


排卵日

出産予定日


≪ 行事費・その他 |PageTop| 健診費 ≫

※ 忍者ブログ ※ [PR]
 ※
Writer 【めろん】  Design by NUI.T  Powered by NinjaBlog